外池教官誕生!&6月合宿1日目✈︎

はじめまして!

いつもの小林が1時間捜索しても発見出来なかったため、代わりに関東2年、そーちょーこと沖田がお送りいたします!


まず始めに!

ご存知の方も多いとは思いますが、6/15に妻沼滑空場にて行われた教育証明試験において、わが関東学院の外池先輩が見事合格されました!!!おめでとうございます!🎉🎊

五月に予定されていた試験は天気に恵まれず延期、当日も教官との質疑応答が長期戦になりなかなか飛べず、、、


結局機体がハスキーに曳航され出発した時にはもう夕方、日没までに飛べるのかこっちも冷や冷やでした、、、

結果見事合格され、関東学院にまた新たな教官をお迎えすることになりました!
外池教官、これから宜しくお願い致します!


そして一夜明け16日、今度は3人の四年生の入所審査!いや試験多いですね💮

入所審査の12発を飛ばし、その後、一年生から順番に訓練という形になりました。

昼過ぎからは天気に恵まれ、一年生の志村をはじめ、“ほぼ”全員が交代の30分まで滞空できる好条件でした!

ええ、なぜ“ほぼ”全員かといいますと、丁度自分の順番に差しかかった時、西より遠雷を伴った大きな雲が、、、!

グライダーは有視界飛行のみ、つまり雨では飛べません。

すぐに撤収になりました😄
ええ、あと1歩で条件逃しました😄😄

残念ですね、明日もいい条件が出るよう祈ります。

それでは!

五月後半合宿

こんにちは小林です。
〈原田杯のお知らせ〉
、8月の10日から17日まで原田杯が行われます。OBの方々気軽にお越しください。
今年は原田杯までにライセンサーになる予定の人が三人いるので単座でも出場すると思われます。
中日や詳しいことは次の合宿の報告と一緒にできたらと思います。
〈まだまだ新入部員募集中です。詳しくはja2490@outlook.jp
まで〉

告知終わりです。
今回の合宿は東海大学と東工理科大との合同合宿でした!
初日(27)の土曜日は朝は雨が降っており、いつもより遅れて訓練が始まりました。
自分は終わりの方にASK13で飛ばさせていただきました。13で飛ぶ直前に風待機となり13の室内でお尻の痛い優雅な時間を過ごしました。
毎回13に乗ると風待機な気がします。気のせいですかね?久しぶりの13でしたが操縦桿を倒した後に遅れて付くバンクと21よりラダーを踏み込むことになれないまま降りてきちゃいました。一日目は天候も悪くあまり発数が伸びないまま終わってしまいました。
実は今日でくま飯が終わってしまいました。朝の寒い時間に飲む味噌汁はとてもおいしかったです。また、晩御飯の量もちょうどよく撤収後の楽しみでした。
ということで大熊さんにみんなで感謝の気持ちを伝えました。早稲田や日大、東海などで食堂に人があふれかえりました。誰かがこの写真を同窓会みたいと言ってましたが、とても仲がよさそうですね!5月後半合宿_25
よかろうも終わってしまい、自分としては時代の移り変わりを感じます。
二日目(28)ですがこの日は入所審査がありました。長瀬さん、岸田さん、瀬脇さんがライセンスに向けて頑張っていました。
オーラルが終わり一発ずつ飛んでいました。次の合宿では指定養成にはいります。二日目は二発とべた一年生もいましたが人数が多すぎて思うように回ってない気がします。これからの課題ですね。
今年の注目する一年生は志村(水色)と千葉工の佐藤(緑)です。参加率が高く、感激です。5月後半合宿_9
先輩に」なって二ヶ月の僕ですが合宿三日後に筋肉痛になりました。完全におじさんですね。年の差を感じます。

皆さんに重要なお知らせがあります。

今まで関東・千葉工合同で活動してましたが、このたび新たに明星大学航空部とも合同でやっていくことになりました。
関東・千葉工・明星チームとなります。
これからよろしくお願いします。

四月合宿-整備-五月合宿

遅れました小林です。
今回はハードスケジュールでした!三週間のうちに三回の妻沼の往復.....整備後一日開けて再び妻沼へ行きました。
洗濯物が間に合わない!
まずは四月合宿新勧でわずか四人しか体験搭乗に来ないという絶望的な展開.........体験搭乗で乗ったうち、半分ぐらいしか入らないとのでとてもまずい。しかし、ふたを開けると全員四人ともはいってくれました。
100%です!
いやー嬉しいですねー当部比二倍です。(去年と比べて)
目標の五人には至らなかったのですが中々いい結果になりました。
フライトに関しましては、一か月以上のスパンがあり感覚を取り戻せず、いい飛行はできなかったです。
そして四月合宿最終日、中央13のバラシに参加しました。
S_6046181116338_201705062325009d5.jpg
感想ですが、重い...重すぎる!!
ASK21は偉大でした。軽いです。(あとでつらい思いをします。)
次の週は21の滞空検査に向けて整備しました。S_6046213367347.jpg                    エルロンのストッパーを初めてみました。ガツガツやると木が削れるので皆さん優しく扱ってあげてください。

S_6046213754013.jpg

それと翼のワックスがけをしました。これで滑空比が0.0000001は上がったはずです。
S_6046213505379_20170506233808fae.jpgラダーが取れました。持ってみましたがとても軽いですね。


21の計測が終わり暇だったので、封印されていたアスティアを掃除しました。

最後に五月合宿です。日大さんと一緒に合宿しました。朝、前日に機体組みが終わったので日大の機体組に参加しましたがすごい。人海戦術でどんどん機体が組みあがっていきます。日大21の機体組みを手伝いましたが、何かがおかしい。日大21のトレーラーは下の写真のような形状なのですが.......S_6046429801097.jpg
翼端一人で持つの?それはやばいって
持ってみましたが、重い......重すぎる.......
合宿でこの瞬間が一番つらかったです。

一年生にとっては初合宿!みんな楽しんでいました。
ゴールデンウィーク合宿_1一年の佐藤です。部に四人佐藤が入りので紛らわしいです。

二年生になり教える立場にもなりました。教えるのって難しいですね。
養成するのも楽じゃないことを知りました。本当に先輩に感謝です。

そして最終日には菅井喜教官がいらしました。クロスカントリーの経験が豊富と聞き憧れます。
南アルプスでも飛んだと聞きました。かっこいいですね。
いつか僕も山岳滑翔してみたいです。

日大との合宿は大変ですがとてもやりがいのある合宿でした。
次の合宿こそ2ndソロに出たい!ということで頑張ります。
今日はこれで失礼します。

航空部にようこそ!

新入生の皆さんこんにちは航空部二年の小林です。航空部って何する部活なの?と疑問に持つ方が多いと思います。
航空部はグライダーに乗って空を飛びます。
hanngu.png
こちらはハンググライダー
paraglider_woman.png
こちらはパラグライダー
です。両方とも違います。鳥人間でもありません。
image1_2016041819152322c.jpg
これが僕たちの乗るグライダーです。ちなみにエンジンはついていません。滑空しながら飛んでます。
上昇気流を使って高度を稼ぎます。上昇気流さえあれば八時間ぐらい飛べます
じゃあエンジンがないのにどうやって地上から飛ぶの?と言いますと、こちら
ウインチ
ウインチという機械で巻き取ります。ウインチは簡単に言えば凧揚げの要領で引っ張って上げます。グライダー500kgほどの重さであり、それをワイヤーでつなぎ巻き取って飛ばします。なおウインチ排気量は13267CC程度です。僕のバイクが399ccなので比べるとそのすごさがよくわかると思います。
航空部の楽しさはスポーツと一緒で(グライダーはスカイスポーツです
やって(飛んで)みなければわかりません。ぜひ一度飛びませんか?体験搭乗を開催するので誰でも飛べます。
ひと飛びいこぜ
もっと詳しく知りたい、とんでみたい方は4月の6/12/14/17の日程で説明会を行うので参加してみてください。
グライダーに乗ってみたい!、ちょっと興味が出てきた!という方はja2490@outlook.jp
またはツイッターの関東学院航空部のアカウント@ja24901
までお問い合わせください。
明日から2日間ビラを配ったり、航空部の説明をします。
終わり - コピー
表面は頑張って作ってみました。
gray_R_R.jpg

裏面は航空部を描いた漫画「ブルーサーマル」の作者、小沢かなさん各校の新歓のために描いて下さった
わかりやすいグライダー解説が載っています。
もちろん金沢八景キャンパス以外の方でも入部することができますので、ぜひご相談ください!
それでは失礼します。






三月合宿最終日

はい、今日も小林です。最終日は人が少なく、わずか8人です。それぞれが朝点と索点を素早く終わらせ、人が少なくても何とかなりました。人数が少ないのでみんな3発ほど飛べました。また、午後からはプラスがちらほらあり、自分は滞空した人もいました。
今日の成果として
ディスパッチ合格立花さん
2ndソロ二年湯浅さん
そして自分小林の1stソロです。
今合宿は怒涛のソロラッシュでした。次回は四月後半の22と23です。間が空くので技量を落とさないように努力したいです。
次合宿は目指せ2ndソロですね。

ゴールデンウィークに久住で大会がありますがちょっと出てみたいと思い悩んでます。
久住滑空場について詳しく知っている方がいれば、教えていただけると幸いです。

ここからは自分のソロ体験記です

朝はそこまで荒れていなかったので、二年生の湯浅さんが2ndソロで綺麗な着地を見せてくれました。かっこいいなーと内心思いつつ、自分は10:30に二発目を飛びました。ピッチの変化と滑りに注意しながら科目を行いCPに入りました。CPも適切な高度で通過して、その後の第三旋回、第四旋回ともに大きなミスをすることなく帰ってこれました。このぐらいうまく毎回帰ってくることができればソロも近いだろーなーとか思っていると、教官から「ちょっと待っててね」と言われ、もしかして......ソロに出れる⁉⁉もう一発飛び、ダミーブレイク。落ち着いて機首を下げ、「1.2.3」とレリーズを引き高度と速度を確認して、速度を修正。ここまでは上手くいきました。その後の旋回操作がボロボロでしたが場周はいつものコースを通ることができました。着地後、(ダメな部分あったからソロはむりかなー)と思いつつ、待ってました。教官が発した言葉は、「心の準備はできてるか?」まだ......「準備できてます!!!」少しの不安はありましたが、それを上回る自信がありました。後席のキャノピーがロックされ「準備よし!」3譛亥粋螳ソ_6_convert_20170310223948アップを取りすぎないように意識しながら上がり、離脱。いつも通り第一旋回をしようと思いバンクをつけていくと片翼が引っ張られる感覚、もしかしてサーマル???違いました、−3の沈下です。いきなりで驚きましたが、それでもいつも通りの操作ができました。その後、科目中に余裕があったので後ろを見てみました。いないとわかっていても、見てみたくなるものです。当然誰もいませんけど......
高度が低くなり場周、第三旋回です。さすがに「愛の第三旋回」とかやってる余裕はないです。すっかり忘れていました。そして第四旋回です。「オーバーシュートした?」と下にいる人たちは思ったでしょう。違います。一回ぐらい第二の真ん中に降りてみたかったのです。先輩に「どこに降りてもいい、ロングしても喜んで取りに行ってやる。」と飛ぶ前に言われたので、本当にロングしました。本当はダイブブレーキを使うタイミングが遅かっただけです。はい。ダイブは最終的に八割ぐらい開けたので、ポーポイズやバルーニングして機体にダメージを与えることなくフレアをきれいに決めて、翼端を落とすことなく、無事に帰ってくることができました。
ソロに出たお祝いに水をかけてもらいました。
3譛亥粋螳ソ_1_convert_20170310231224
防水なのでへっちゃらです。

以上で僕の体験記を終わります。通過点なのでこれからも精進していきたいと思います。
これで失礼します。
GO TOP