三月合宿最終日

はい、今日も小林です。最終日は人が少なく、わずか8人です。それぞれが朝点と索点を素早く終わらせ、人が少なくても何とかなりました。人数が少ないのでみんな3発ほど飛べました。また、午後からはプラスがちらほらあり、自分は滞空した人もいました。
今日の成果として
ディスパッチ合格立花さん
2ndソロ二年湯浅さん
そして自分小林の1stソロです。
今合宿は怒涛のソロラッシュでした。次回は四月後半の22と23です。間が空くので技量を落とさないように努力したいです。
次合宿は目指せ2ndソロですね。

ゴールデンウィークに久住で大会がありますがちょっと出てみたいと思い悩んでます。
久住滑空場について詳しく知っている方がいれば、教えていただけると幸いです。

ここからは自分のソロ体験記です

朝はそこまで荒れていなかったので、二年生の湯浅さんが2ndソロで綺麗な着地を見せてくれました。かっこいいなーと内心思いつつ、自分は10:30に二発目を飛びました。ピッチの変化と滑りに注意しながら科目を行いCPに入りました。CPも適切な高度で通過して、その後の第三旋回、第四旋回ともに大きなミスをすることなく帰ってこれました。このぐらいうまく毎回帰ってくることができればソロも近いだろーなーとか思っていると、教官から「ちょっと待っててね」と言われ、もしかして......ソロに出れる⁉⁉もう一発飛び、ダミーブレイク。落ち着いて機首を下げ、「1.2.3」とレリーズを引き高度と速度を確認して、速度を修正。ここまでは上手くいきました。その後の旋回操作がボロボロでしたが場周はいつものコースを通ることができました。着地後、(ダメな部分あったからソロはむりかなー)と思いつつ、待ってました。教官が発した言葉は、「心の準備はできてるか?」まだ......「準備できてます!!!」少しの不安はありましたが、それを上回る自信がありました。後席のキャノピーがロックされ「準備よし!」3譛亥粋螳ソ_6_convert_20170310223948アップを取りすぎないように意識しながら上がり、離脱。いつも通り第一旋回をしようと思いバンクをつけていくと片翼が引っ張られる感覚、もしかしてサーマル???違いました、−3の沈下です。いきなりで驚きましたが、それでもいつも通りの操作ができました。その後、科目中に余裕があったので後ろを見てみました。いないとわかっていても、見てみたくなるものです。当然誰もいませんけど......
高度が低くなり場周、第三旋回です。さすがに「愛の第三旋回」とかやってる余裕はないです。すっかり忘れていました。そして第四旋回です。「オーバーシュートした?」と下にいる人たちは思ったでしょう。違います。一回ぐらい第二の真ん中に降りてみたかったのです。先輩に「どこに降りてもいい、ロングしても喜んで取りに行ってやる。」と飛ぶ前に言われたので、本当にロングしました。本当はダイブブレーキを使うタイミングが遅かっただけです。はい。ダイブは最終的に八割ぐらい開けたので、ポーポイズやバルーニングして機体にダメージを与えることなくフレアをきれいに決めて、翼端を落とすことなく、無事に帰ってくることができました。
ソロに出たお祝いに水をかけてもらいました。
3譛亥粋螳ソ_1_convert_20170310231224
防水なのでへっちゃらです。

以上で僕の体験記を終わります。通過点なのでこれからも精進していきたいと思います。
これで失礼します。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP